予防歯科の必要性について

予防歯科は、高齢になっても自分の歯を残すため重要です。
今までの歯科と言えば、虫歯や歯周病で歯が痛くなってから治療するために通うところでした。

しかし、近年は予防歯科の考え方が主流になってきました。



予防歯科とは、歯や歯茎の状態を継続的に健康な状態に維持するための行為です。

成人であれば、1年間に3回から4回程度、歯科医院に通いケアをすることが望まれます。


定期的に歯科医院に行けば、たとえ歯や歯茎に異常が生じていても早期に発見確認をすることができます。
そのため、治療するにも短期間で、痛みも少ない治療が可能となります。

本当の渋谷の予防歯科に関する疑問が解決できます。

歯や歯茎に異常がなければ、歯と歯茎のクリーニングをします。歯と歯茎の間にたまりやすい歯垢を専用器具で除去したり、高圧水で歯の付け根部分を洗浄したりします。


高圧水洗浄は痛みが伴いましが歯周ポケットの中を清潔にします。

livedoorニュース情報が揃っています。

歯周ポケットはポケット深さにより状態が判断できます。

健康な歯茎であれば深さ1から2ミリ程度です。

3から5ミリで中程度の歯周炎があり、歯周病が進行すると6ミリ以上となります。

測定方法はポケット探針という器具で歯周ポケットの深さを測れます。

定期的に測定すると進行状況を把握することができます。


歯周ポケットの内側には細菌が繁殖しやすく歯茎の炎症が進み、歯を支える土台である歯槽骨を溶かすことにもなります。そのためにも高圧水による洗浄は効果的です。
歯および歯茎ケア後にフッ素を塗るとさらに良いです。
今後は予防歯科の重要性が高まると考えられます。